「第10回 一箱古本市」の感想文、その③


10月1日(日)に呉市中通2丁目界隈で行った、10回めとなる
「一箱古本市」。今回は県外から出店してくださった方が多かっ
たので、感想文をお願いしてみました。

 題して、連載「呉の一箱古本市に参加して」。

 その3は、<兵庫県>から出店してくださった、
屋号<ちいさな絵本屋>さんです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 くれBookStreet一箱古本市はとても楽しくて充実した一日
になりました。ありがとうございました。
 くれブックスの好きなところはたくさんあります。まずは、
実行委員会さんの丁寧で可愛い準備物。屋号が書かれたネーム
プレートは、手書きでカラフルな色付きでテンションが上がり
ました。会場の商店街のディスプレイも素敵です。

 それから、会場が商店街というのもわざわざ参加したくなる
ポイントです。まちなかなので、一箱古本市を見に行こう!と
思って来られたわけではない、たまたま通りかかった人も「ち
ょっと寄ってみよう」と輪に入れるのは面白いし、出店する私
も、お昼はささき寿しさんにしようかとか昴珈琲店さんのコー
ヒーをいただこうとか、気軽にまちに入って行けるのが楽しか
ったです。
 でも何よりの魅力は、人。実行委員会の皆さま、店主さんた
ちくれブックスに集まる人はみんなあったかく迎えてくれて、
終わる頃には「来てよかった!来年もまた来たい!」と思うの
です。
 また次の機会を楽しみにしています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0369202_15445570.jpg
























[PR]
by kurebook | 2017-10-13 15:45 | 一箱古本市 | Comments(0)

呉市内で「一箱古本市」はじめ、ブックイベントを企画、実施しているくれブックストリートのブログ。ツイッター @kure_book


by kurebook