<前夜祭トーク>音楽で雑誌をつくる!


 いよいよ来週にせまってきました。
 <前夜祭トーク>「音楽で雑誌をつくる」、
 ゲスト:音楽ライター・森田恭子さん。
 来週のこの時間にはもう終わっているんですね〜〜(しみじみ〜)。
 
 ここで何度も説明していますが、森田さんは長年、音楽、それもロック、
バンドという分野(そんな分野があるのか?)で主にミュージシャンを取材
し、記事にして、雑誌をつくってこられています。

 音楽雑誌のライターになりたい!
 あのミュージシャンの本をつくる編集者になりたい! 

 そんな夢をもつ若者がこの時代にいるのか、どうかわかりませんが‥‥。
 80年代、90年代、音楽に勢いがあり、CDがバンバン売れていた時代には
そんなことを夢見ていた若者は多かったんじゃないでしょうか。

 そんな時代にもうバンバン、音楽ライターとして働いていらした森田さんが、
キャリアをスタートさせたきっかけは何だったんでしょうか。
 現在ではご自身が発行人の総合カルチャー誌「LuckyRaccoon」(ラッキーラクーン)を
写真、文、編集、すべてにおいてご自身でこなし、制作されています。
 すべてをひとりでやろう!と思った理由は何だったんでしょうか。
 音楽ライターという仕事をずっと続けてこられた理由は‥。
 森田さんの文章を書くときのこだわり、編集するときのゆずれないところは‥。

 「音楽」と「雑誌」をテーマにいろんなことをたくさんお話ししていただきます。
 できれば、現在、制作されている「LuckyRaccoon Vol.45」の制作秘話なんか
もおうかがいしてみたい、と思っています。

 あと少しお席もご用意できます。
 参加申し込みの締め切りは、準備の関係で、9月28日(木曜日)とさせて
いただきます。

 この機会にぜひ、ご参加ください。


f0369202_11050938.jpg





[PR]
by kurebook | 2017-09-23 22:54 | イベント | Comments(0)

呉市内で「一箱古本市」はじめ、ブックイベントを企画、実施しているくれブックストリートのブログ。ツイッター @kure_book


by kurebook