昨日カープが優勝して、街中どこもかしこも赤色で盛りあがっ
ている広島県です。
 その盛りあがりでいきましょう。「一箱古本市」までいきまし
ょう。
 
 9回めとなる「一箱古本市」までもう1か月もありませんよ〜!
ということで、短期連載を行います。

 3名の一箱店主さんに「私と一箱古本市」というテーマで執筆
いただきました。
 常連さんは呉で店主をされるだけでなく、他県の「一箱古本市」
に参加したり、またお客さんとして足を運んだりします。 
 そんな体験をもとに書いていただきました。

  連載で少しでも「一箱古本市」の楽しさが伝わればうれしいです。
 どうぞよろしくお願いいたします。


 一回めは、実行委員でもある、「甘茶書店」の店主さんです。

 ⚫️ 短期連載 「私と一箱古本市」  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 初めて「一箱古本市」(以下、「一箱」)に参加したのは2009年。
もう7年も前のこと。主催はブックスひろしま(旧お好み本ひろしま)
で会場は広島市の袋町にあるまちづくり市民交流プラザだった。まち
づくり市民交流フェスタの中の一行事として北棟と南棟をつなぐ渡り
廊下で行われた。
 そこから数年前、偶然テレビで東京の下町で「一箱」をやっている
様子を見て、「街中で本屋さんごっこなんて楽しそう!」と思ったの
がきっかけだった。そして「一箱」という言葉に敏感になった私は、
広島市内でも行われるという情報をゲットして、うれしくてすぐ参加
申し込みをした。
 そのときの「一箱」には発案者の南陀楼さんも東京から参加されて
いた。テレビでも拝見していたので、とてもワクワクしていたのを思
い出す。
 初めて参加して一番楽しかったのは、ほかの参加者さんの箱の中身
をのぞくことだった。誰ひとりとして同じ箱はない。どの箱にも本が
並んでいたけど、そのラインナップはバラエティーに富んでいた。
 他県での参加は徳島県の阿波池田で行われた「うだつマルシェ」内
の「一箱」。晩秋、カートに本をつめこみ、ひとり電車をのりついで
阿波池田まで旅をした。「一箱」の会場は古民家のなか。地元徳島だ
けではなく、愛媛、香川の方も出店されていて、それは四国の「一箱」
のような雰囲気だった。そのとき一番人気があった箱は、地元の民話
や紙芝居、古い絵本をたくさん並べていたおばちゃんの箱だった。
 どこの街にも本があり、本好き、読書好きがいる。だから、自然に
「一箱古本市」も存在する。私と「一箱」はそんな間柄である。


               ⚫️「甘茶書店」店主


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[PR]
# by kurebook | 2016-09-11 20:46 | 一箱古本市 | Comments(0)

 さあ、9月も10日!いよいよ10月ももうすぐですよー。

 ということで、何度も告知していますが、
10月1日(土曜日)は前夜祭トーク「ディープな本屋のつくり方」
(トークゲスト:古本屋「なタ書」店主、藤井佳之さん)、

10月2日(日曜日)は「第9回 一箱古本市」です。

 どちらもまだ参加できます。
 土曜日にトークを聴いて、古本屋さんネタを仕入れて、日曜日に
一日だけの古本屋さんになってみる。
 楽しそうな流れだと思いませんか。

 ということで、高松市在住の藤井さんも、ご自身のfacebookで、
トークのことにふれてくださっています。
 古本屋さんを営みながら、県外の本屋をプロデュースしたり、リ
トルプレスの営業もやったり。そして、今は小説も執筆されている
そうですよ。

 当日は、そんなマルチな40歳!藤井さんに店内の写真を流しな
がらお話ししていただきます。ざっくばらんな会にしたい、と考え
ています。
 ぜひ、こちらも参考にしてください。
 トークへのお申し込み、お待ちしていまーーす!


 
f0369202_11230906.jpg
f0369202_11234252.jpg





 

[PR]
# by kurebook | 2016-09-11 00:05 | イベント | Comments(0)
 
 今年の夏は酷暑でしたね。明日から9月!
 ここ最近は少し涼しくなってきて、実行委員もやる気モード
全開になってきました!

 9月になったら、あっというまに10月1日、2日になって
しまいますよ〜〜。ということで、今は絶賛、「前夜祭トーク」
と「第9回 一箱古本市」の参加者さんを募集中です。

 呉の街中で、一日だけの本屋さんをしてませんか〜〜?

 その前夜には高松市の完全予約制の古書店の店主さんのお話
を聴いてみませんか〜〜?
 
 今日は前日、実行委員で打ち合わせと座談会を行いましたので、
その模様をアップします。

 現在、「くれブックストリート実行委員会」は3人の女子で
結成されています(黒星、松見、奥本)。
 
 ユルい座談会から、実行委員の思いや今年にかける意気込み!を
感じていただけたらうれしいです。よろしくお願いいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<黒星> ということで、今年も10月2日(日)に「一箱古本市」を
行います。参加の応募も多くいただいていますが、まだまだ「一箱古
本市って何?」という感じの方が多い気がするな〜。どうですか?
<奥本> ちょっとわかりにくいんですかね。実際、自分がやってみ
るまでわかりにくいのかも‥‥。
<黒星> 私たちが「一箱古本市」を始めたのが2011年4月。5年
間、呉市内でやってきたけどなかなか浸透していないんですかね。
<奥本> そんなことはないんじゃないですか。
<松見> 一回めを振り返ってみると‥‥。最初は蔵本通り沿いの中
央公園で行ったけど、天気のいい4月で、呉フォーク村の皆さんの演
奏や紙芝居もあって、出店しているほうも楽しかったよね。実行委員
としては、今考えるともっとチラシを配布してもっと宣伝すればよか
ったな、とか反省点はあるけど。
<奥本> 私は一回めは参加してなかったけど。地元タウン誌「くれ
えばん」にカラーで全出店者さんの写真が掲載されていて、とても楽
しそうだな〜と思いました。それで二回めから出店者として参加した
んです。
<黒星> それから9回め。今年で5年。去年くらいまでは春と秋に
やっていて、今年は本当に一年ぶりの開催。でも、最初の頃に参加さ
れていた方々と今の参加者さんは違うよね。広島市内の方も多く参加
してくれていたけど、そういう方々は今どうしてるんだろう。年齢層
を限定するわけじゃないけど、やはり30〜40歳代が中心なので、高
齢の方々とも一緒に楽しみたいよね。古本といえば高齢の方も好きだ
もんね。
<松見> 一回めにはご自分で絵を描かれる方が、ご自分の本をもっ
て、参加してくれたよね。
<黒星> 一回めのときには、子育てのママさんもお子さん連れで参
加してくれたしね。
<松見> 実行委員としては、「一箱古本市」当日に次回の案内がで
きて、参加者さんに参加、不参加を聞けるくらいにはなりたいよね。
今はムリだけど‥‥。ブックスひろしまはスタンプカードを発行して
た時期があった。スタンプがたまったら次回の参加費免除とか、そう
いうのもよかったよね。今の私たちにはムリだけど‥‥。
<黒星> 「不忍ブックストリートの一箱古本市」に助っ人さんがい
るように、私たちも一緒にチラシを配布してくれるというか、宣伝し
てくれるメンバーがほしいよね。そういうシステムもちゃんとしたい
な。
<奥本> まあ去年は18組の参加数で一番少なかったので、今年は
もっと頑張りましょう。
<黒星> 今振り返ると最初の年は頑張っていたね。座談会やったり、
広のギャラリーで「紙フェス」やったり、千葉県から放浪書房さんを
招いたりして、必死で「一箱古本市」を盛りあげていたよね。
<松見>まあ、まだ若かったしね(笑)。でも、今年も頑張りましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




[PR]
# by kurebook | 2016-08-31 21:33 | イベント | Comments(0)

 8月ももうすこしで終わりです。
 学生さんの夏休みももうそろそろ終わるんでしょうね。街中にそんな
雰囲気が漂っている今日この頃です。

 今、くれブックストリートは絶賛、公募中です!
「一箱古本市」の参加者さんはもちろんですが、高松市にある古書店
「なタ書」の店主・藤井さんのトークへの参加者さんも募集しています。

 藤井さんには古書店をはじめるきっかけやこれまでのお店のお話は
もちろんお伺いしますが、店内にあるおすすめの本ベスト3なんて、
気楽なこともお伺いできれば、と思っています。

 気軽に、みなさんと本の話ができれば、と思っています。
 ぜひ、呉の本好きのみなさん、ご参加ください。

 また興味はあるけど、「一箱古本市って何?」、「聞いたことないな〜?」、
「どうやってやるの?」と疑問に思われているみなさんにおすすめします!

「一箱古本市」の発案者は、呉で2回トークも行っていただいた
ライター・編集者の南陀楼(ナンダロウ)綾繁(アヤシゲ)さんです。

 ナンダロウさんの著者を読めば、そのへんの疑問がスカッと解決するし、
いろんな街の「一箱古本市」にも興味がわいてくる、と思います。
 そして、くれブックストリートも取材していただいたりします(ウフフ)。

 どうぞよろしくお願いいたします。

⚫️「一箱古本市の歩きかた」(光文社新書)

⚫️「ほんほん本の旅あるき」(産業編集センター)










[PR]
# by kurebook | 2016-08-27 21:28 | 一箱古本市 | Comments(0)

 10月2日(日)は「第9回 一箱古本市」ですが、前日1日(土)には
久しぶりに前夜祭トークを行います。

 タイトルは「ディープな本屋のつくり方」。
 香川県高松市内にある完全予約制の古本屋「なタ書」店主・藤井佳之さんに
きていただき、「なタ書」の立ち上げやこれまでをお話していただきます。

 藤井さんは学生時代や出版社時代を関東で過ごされ、30歳代で地元高松市
に戻られ、2006年に「なタ書」をオープンされました。
 なので、今年はオープンから10年となります。
 
 10年間「なタ書」を続けてこられた秘訣や、その間には高松市内の
「3rd TIME」や軽井沢町の「本と喫茶と雑貨と古道具『カウントブックス』
での選書も手がけられているので、そのような仕事の裏話などなど。
 これまで続けてこられた「本にかかわる仕事」がテーマになります。    

 2014年4月の「第6回 一箱古本市」と同時開催した「旅する古本屋さん」
(会場:音戸の天仁庵さんの2階)にも出店いただきました。
 ここで藤井さんにお会いされた方もいるのでは‥‥。

 ということで、今回は「なタ書」の記事が掲載された、2013年の「BRUTUS」
を発見したので、ここにアップします。
 古本屋「なタ書」や藤井さんのことが少しでも伝わればうれしいです。

 「トーク」へのご参加、ぜひ、お待ちしていま〜す。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 藤井佳之
 なタ書
 ⚫️瓦町/高松

 人生相談もアリ!
 完全予約制の本の部屋。

 東京の大手出版社勤務を経て、
藤井さんが故郷、高松に完全予
約制の古書店をオープンしたの
は8年前、友人宅に招かれたよう
な店内にはアート、カルチャーを
はじめ幅広いジャンルの本が並ぶ。
「街の本屋を目指して始めたんで
すが、東京、大阪などからもお客
さんにきていただいています」。
藤井さんはフリーランスの立場で
企業CIの企画や執筆活動を行いな
がら、来客予約が入るとスケジュ
ールを1日空けるて相手を迎える。
「ゆっくり見ていってほしいのと、
中には”こういうお店をするのって
大変ですか?”と、人生相談を始め
る人もいるんで(笑)」。交流を
通して相手の好みを頭に入れ、次
の来訪までに本を増やしておくの
が<なタ書>のスタイル。今年は
瀬戸内国際芸術祭のお手伝いも。
女木島(めぎじま)の作品の一環
である図書室に瀬戸内関連の本を
展示している。
「最近は週5日ほど島にいて圏外
が多いですけど、芸術祭にきたら、
ぜひ一度、電話してみてください」

ー「BRUTUS」2013 6/15号ー

f0369202_20245483.jpg


[PR]
# by kurebook | 2016-08-21 20:25 | 一箱古本市 | Comments(0)

呉市内で「一箱古本市」はじめ、ブックイベントを企画、実施しているくれブックストリートのブログ


by kurebook