さあ、「一箱古本市」は今週末。日曜日、10月1日です。あと5日と
なりました。

 本日は中通2丁目界隈に行き、出店場所の確認をしてきました。
  (MAPは後日、発表します!)

 ここからは、出店者のみなさんへのお知らせです。

 いつものように、商店街の4つのブロックをつかって出店していただ
きます。
 昨年、中通2丁目界隈は下水道や道路の工事があり、昨年まであった
四角の木製ベンチがなくなり、長方形のベンチが会場にいくつかあります。
 またまったくないブロックもあります。

 まだどこにどの方に出店していただくか、レイアウトは決めておりませ
んが、会場の雰囲気を手書き配置図と写真でお知らせいたします。
 今回は紙芝居コーナーもあります。

 できるだけ県外から来ていただくみなさんにベンチの場所を、と思って
います。
 出店者のみなさん、テーブル&イスを持参していただいて大丈夫です。
いや、敷物だけでも何の問題もありません。
 また雨対策より、天気はいいみたいなので、日よけ対策が必要かもしれ
ません。

 どうぞよろしくお願いいたします。








f0369202_22335558.jpg
f0369202_22345315.jpg



f0369202_22440476.jpg
f0369202_22454418.jpg


f0369202_22462723.jpg



f0369202_22472418.jpg


f0369202_22482934.jpg





   

[PR]
# by kurebook | 2017-09-26 22:48 | 一箱古本市 | Comments(0)


 今年も「一箱古本市」を呉市中通2丁目界隈で行います。

 開催日は2017年10月1日(日曜日)、11〜16時です。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 「一箱古本市」当日は、13時から(約30分)紙芝居の実演も
あります。呉市在住の絵本昨夏よこみちけいこさん作、
原案者中峠房江さんの「ふうちゃんのそら」は、中峠さんが実演
してくださいます。
 
*9月11日現在。定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。
 ありがとうございました。

 

f0369202_23264941.jpg


 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   くれBook Street 2017 autumn

⚫️ 日時:2017年10月1日(日曜日)11:00〜16:00
⚫️ 場所:呉市中通2丁目界隈(呉市中通2丁目3〜6番)
                    <雨天決行>

 募集数/40箱(1組2人まで)<定員になり次第締め切り>
 参加費/1000円<運営費に使わせていただきます>



*参加ご希望の方は、
 ①氏名②屋号(古本屋さんの名前を考えてください)③住所
 ④電話番号 ⑤お店の特徴

 以上、5つを明記の上、メールにてお申し込みください。


 Mail ---- kurebook@gmail.com


主催;くれブックストリート実行委員会  
後援:呉市

TEL 090-2250-8586
blog kurebook.exblog.jp








 ⚫️ こくちーずのイベントページにも告知があります。 ーーー ⚫️









[PR]
# by kurebook | 2017-09-26 22:23 | 一箱古本市 | Comments(0)

<*前夜祭トークイベント>募集要項。

 10月1日(日曜日)には「第10回 一箱古本市」を行います。
 場所はいつものように呉市中通2丁目界隈です。

 そして、前日、9月30日(土曜日)の夕方からは<前夜祭トーク>を
行います。
 内容は‥‥、
 <前夜祭トーク>「音楽で雑誌をつくる」。
 現在、尾道市在住の音楽ライター・森田恭子さんをお招きして、編集や
音楽ライターのお仕事についてお話をおうかがいします。

 森田さんは`80年代の創刊された音楽雑誌「PATi▶︎PATi」(パチパチ)で
ライター、編集者として活動。
 2004年に音楽カルチャー誌「LuckyRaccoon」(ラッキーラクーン)を創刊。
 今年3月に44号を発刊。現在、次号45号を制作中。表紙は奥田民生さんで、
10月下旬発行予定。
 またFM COCOLO<毎週火曜日、21時〜>にて「おとといラジオ」を放送中
<広島ではRCCラジオで、土曜日20時から放送中>。
 最近の著書に「このままこのまま」山崎まさよし(スペースシャワーネット
ワーク)があります。

 音楽と編集をこよなく愛し、長年音楽ライター・編集者として活躍中の森田さん
に、雑誌をつくる楽しさをおうかがいします。

 音楽好き、編集好き、雑誌好きのみなさん、ぜひ、ご参加ください。


 どうぞよろしくお願いいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 <前夜祭トーク>   音楽で雑誌をつくる
            ゲスト:森田恭子(音楽ライター)


 ⚫️日時:2017年9月30日(土曜日) Open 18:00  Start18:30 〜 20:00 (予定)
 ⚫️場所:呉YWCA 1階ホール  (呉市幸町3−1)
 ⚫️参加費:1500円(特製ポストカードつき) <要予約>
 ⚫️定員:30名 <締め切り:9月28日(木曜日)> 

 <募集要項>

 ⚫️ 参加ご希望の方は、①氏名 ②参加人数 ③連絡先 を明記の上、下記アドレスあてに
   メールでお申込みください。

  <申込み先>  E-mail kurebook@gmail.com


⚫️主催:くれブックストリート実行委員会   TEL 090-2250-8586


⚫️ こくちーずにもページを設定しました。 ーーーー ⚫️

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f0369202_11050938.jpg


 <会場の呉YWCA ー会館内の写真はイメージです>


   
f0369202_20202256.jpg

f0369202_20214024.jpg

f0369202_20222297.jpg








[PR]
# by kurebook | 2017-09-26 22:23 | 一箱古本市 | Comments(0)

 いよいよ来週にせまってきました。
 <前夜祭トーク>「音楽で雑誌をつくる」、
 ゲスト:音楽ライター・森田恭子さん。
 来週のこの時間にはもう終わっているんですね〜〜(しみじみ〜)。
 
 ここで何度も説明していますが、森田さんは長年、音楽、それもロック、
バンドという分野(そんな分野があるのか?)で主にミュージシャンを取材
し、記事にして、雑誌をつくってこられています。

 音楽雑誌のライターになりたい!
 あのミュージシャンの本をつくる編集者になりたい! 

 そんな夢をもつ若者がこの時代にいるのか、どうかわかりませんが‥‥。
 80年代、90年代、音楽に勢いがあり、CDがバンバン売れていた時代には
そんなことを夢見ていた若者は多かったんじゃないでしょうか。

 そんな時代にもうバンバン、音楽ライターとして働いていらした森田さんが、
キャリアをスタートさせたきっかけは何だったんでしょうか。
 現在ではご自身が発行人の総合カルチャー誌「LuckyRaccoon」(ラッキーラクーン)を
写真、文、編集、すべてにおいてご自身でこなし、制作されています。
 すべてをひとりでやろう!と思った理由は何だったんでしょうか。
 音楽ライターという仕事をずっと続けてこられた理由は‥。
 森田さんの文章を書くときのこだわり、編集するときのゆずれないところは‥。

 「音楽」と「雑誌」をテーマにいろんなことをたくさんお話ししていただきます。
 できれば、現在、制作されている「LuckyRaccoon Vol.45」の制作秘話なんか
もおうかがいしてみたい、と思っています。

 あと少しお席もご用意できます。
 参加申し込みの締め切りは、準備の関係で、9月28日(木曜日)とさせて
いただきます。

 この機会にぜひ、ご参加ください。


f0369202_11050938.jpg





[PR]
# by kurebook | 2017-09-23 22:54 | イベント | Comments(0)

 本日、9月22日(金曜日)です。
 はやいもので、「前夜祭トーク」「一箱古本市」が来週に迫って
きました。

 ここでもう一度、出店者さんのご紹介をします。
 本当に県内外からやってきていただきます。もちろん、呉市在住の
常連さん、初めての方もいらっしゃいます。
 31店舗の一日だけの古本屋さんが中通2丁目界隈に集合します。

 ぜひ、みなさん、私の一冊を探しに、遊びに、お越しください。


ーーーー「第10回 一箱古本市出店者リスト」ーーーーー

*番号は順不同です。屋号、
地元(広島県内の方は市で表記、県外の方は県で表記)、
お店の特徴、PRを記載しています。

<1>          
屋号/デイリーマザキ (京都府)
お店の特徴/本を求めて東へ西へ。箱主の集めた面白本が並びます!

<2>        
屋号/書肆鯖 (新潟県)
お店の特徴/里帰りがてら出店です。ホラー漫画や妖怪やら変な本やら
が大好きなネット古書店です。「奇妙な旅の本」、お持ちします。

<3>
屋号/ちいさな絵本屋 (兵庫県)
お店の特徴/週末だけの旅する絵本屋です。2017年はクラウドファン
ディングで資金を募り、全国各地のイベントに参加しています。

<4>
屋号/まちの牛乳やさん (呉市)

お店の特徴/レシピ本をメインに揃えています。

<5>
屋号/たんぽぽ堂 (呉市)
お店の特徴/文庫、小説、コミックエッセイ、コミック、雑誌、インテリ
ア&ハンドメイド系の本など。
その他、ハンドメイドのアクセサリー、し
おりなどの雑貨類も販売。
文庫は、大特価の50円から。
ハンドメイドの
アクセサリー、しおりも100円から。ぜひ、掘り出し物をお探しにお越し
ください♪

<6>
屋号/さすらいのアリクイ書店 (兵庫県)
お店の特徴/旅やノンフィクションの本が中心ですが、他のジャンルの本
もあります。雑多です。

<7>
屋号:/ここす(広島市)
お店の特徴/主にカラダによい系の体操や食事、漫画ほか、どうぞよろし
くお願いいたします。

<8>
屋号/Sakkaya LIFE (呉市)
お店の特徴/東中央にあります、雑貨屋「Sakkaya LIFE」です。店主のオス
スメの本はもちろん、かわいい、楽しい雑貨もたくさん持って行こうと思っ
ています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

<9>
屋号/考梟堂(こうふくどう) (尾道市)

お店の特徴/小説を中心に様々な本を雑多に販売します。手作りの栞などの
雑貨類も販売できたら、と考えております。

<10>
屋号/古本屋はりねずみ (岡山県)

お店の特徴/昔集めた本を出します。漫画、小説、歴史もの‥‥などなど。

<11>
屋号/カルピスいちごミルク (呉市)
お店の特徴/本のジャンルは小説、歴史、文化、風俗など。
カルピスいちごミルクグッズも計画中。

<12>
屋号/來福屋 (呉市)
お店の特徴/今回が初参加です。今回は妹の読まなくなったマンガを出品致し
ます。かなりの年代物から比較的新しいものまでいろいろありますよー!

<13>
屋号/三松文庫 (さんまつぶんこ)(広島市)
お店の特徴/「電車を待つ間、駅に着くのを待つ間、人を待つ間」気軽に
読める本をご用意しています。

<14>
屋号/GEL (呉市)

お店の特徴/本と雑貨を販売したいと考えております。本はコミック
エッセイ、小説、歌集など幅広いジャンルのものを予定しております。
雑貨は手作り作品を中心に販売したいと思います。
   
<15>
屋号/甘茶書店 (呉市)
お店の特徴/呉市内で古本屋を営業している「甘茶書店」です。古本、
絵本、リトルプレスなどいろんなジャンルの本を並べます。

<16>
屋号/オメガネ堂 (呉市)
お店の特徴/2丁目ウェイに秋が来りゃ、イェイイェイイェイイェイ古本
市です。 オメガネ堂のオメガネ娘が、オシャレでシックなオメガネ娘
が(か、どうかはさて置いて)ワンサカワンサ古本をイェーイイェーイと
並べます。
↑色々無理がありますが、当日は無理のない程度にゆるりと出店しています。

<17>
屋号/蓮や (呉市)
お店の特徴/もう秋‥秋といえば、お出かけ、読書、くれBook Streetの一箱
古本市♪ 蓮やの店主もそわそわ準備しています。 眺めるだけで嬉しい気持ち
になる、美味しいものや旅の本を多めにお持ちしようと思います。どうぞお気
軽にお手にとってみてくださいね。
たくさんの皆さまとお会いできますように~。

<18>
屋号/木守社 (呉市)
お店の特徴/ この度も参加させていただきます、木守社と申します。
とりとめのない、わがまま一方通行で選び抜いた素敵を並べ立ててご満悦の
木守社。 どんなものかと寄っていただけましたら、つまらなくも柔らかな
トークでお出迎えいたしますのでどうぞよろしくです!

<19>
屋号/風のうさぎ  (呉市)
お店の特徴/世界を旅する風のうさぎ。
      絵本を旅する風のうさぎ。
      今回もビジュアル中心の本や雑誌を中心に小説etc‥‥。
      それに雑貨も出させていただきます。

<20>
屋号/ami (呉市)
お店の特徴/母と娘のお店です。といっても二人合わせて137歳‼︎
オトナでも楽しめる絵本をはじめ幅広い品揃えを目指します。

<21>
屋号/河童親子堂(呉市)
お店の特徴/世界を巡るガイドブック。フォト・ジャーナル雑誌など
この地球の「今」を一箱に詰めて参上いたします。知りたい、見たい。
ドキドキ、ワクワクの心と一緒です。
昨年は、親子で出店しましたが、今年は親だけで挑戦!同じ看板で出
しますよ!!よろしくお願いします。

<22>
屋号/寝太郎バザール (山口県)
お店の特徴/店主は三年寝太郎に憧れています。本が好きです。誰かに
読んで欲しい面白い本、美しい本を持っていきます。ぜひ手に取って
見てください。

<23>
屋号/黒猫亭(広島市)
お店の特徴/ミステリーが好きなのでそちら方面が中心ですが、今回、
歴史・コミック・雑誌などよせ鍋的な雰囲気で箱が出せたらと思って
います。初レンガ通り出店です。よろしくお願いします。

<24>
屋号/moshi2came3(もしもしかめさん)(広島市)
お店の特徴/ペットの飼育本やどうぶつの写真集を中心にいろいろ。
ほっこり笑えるあみぐるみのハンドメイド雑貨ももっていきます。

<25>
屋号/まつむし書架(江田島市)
お店の特徴/小説。他ノンフィクション少々、絵本少々。

<26>
屋号/辛酉文庫(しんゆうぶんこ)(広島市)

お店の特徴/地理歴史を中心に本と本を関連付けてみたいと思います。

<27>
屋号/sep. (広島市)

お店の特徴/初めての出店です。9月生まれの2人組の「sep.」です。

オールジャンル選定、エッセイ、マンガ、たべもの系、小説など中心に
持っていきます。文庫本や絵本もあります。気軽にのぞいてください。

<28>
屋号/antique & 古えほん より友 (東広島市)

お店の特徴/雑貨に囲まれ、畳でほっこり、古えほんでまったり。
どこか懐かしく、でも新しい、ちょっと個性的な雑貨屋さん。

<29>
屋号/ホリデイ書店 (廿日市市)

お店の特徴/JR廿日市駅近くの古本屋です。暮らしの本を中心に
いろんなジャンルの面白い本をもっていきます。雑貨もあります。

<30>
屋号/吉備川辺亭 (東広島市)
お店の特徴/ジャンル コミックとクドイトーク。騒々しく、図々しく、
馴れ馴れしいことでおなじみ 吉備川辺です。 この秋は読書会で
しゃべったり、フライヤーを置いてもらうついでにしゃべったり、
古本市でしゃべったり、トークイベントでしゃべったり、と
しゃべってばかりの店主ですが、当日はどうでしょうか?
確かめにご来店ください。 どうぞよろしくお願いします。

<31>
屋号/猫ミシン堂  (廿日市市)
お店の特徴/「猫本、手芸本、絵本」。猫とミシンと古本をこよなく
愛する店主mamaMaru(まままる)です。
ガーゼハンカチ等ハンドメイド雑貨も持参します。初参加です。
よろしくお願いいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





[PR]
# by kurebook | 2017-09-22 14:29 | 一箱古本市 | Comments(0)

呉市内で「一箱古本市」はじめ、ブックイベントを企画、実施しているくれブックストリートのブログ。ツイッター @kure_book


by kurebook