カテゴリ:連載( 1 )

 
 前回から始まりました連載「本と私たち」。

 内容は、私たちは呉市出身、呉在住で、呉の街で「一箱古本市」を
はじめ本にまつわるイベント企画、実施しているけれど、呉市出身で
県外で「一箱古本市」はじめ、読書空間や古本市にまつわることを
されている方々に寄稿していただくもの。

 連載「本と私たち」、その②は兵庫県在住の楠本朋子さんです。
楠本さんは数人のメンバーで「本と。」と名乗り、「一箱古本市」を
開催されたりしていらっしゃいます。
 10月28日(土曜日)には本と。さん主催で、高砂市の十輪寺で
古本イベント「ほんのわいち」が開催されるみたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 はじめまして。私は兵庫県の高砂市で「本と。」という名前で数人の
メンバーと共に、一箱古本市開催やイベント出店の古本屋などの活動を
しています。元々は、商店街活性化のための企画に応募し、本を通じて
何かをしたい者が集まり店舗を運営していましたが、実店舗は今年3月に
閉めました。今月末には4回目の一箱古本市を開催予定です。
 私が呉の街にいた頃は、中通り・本通りに8店舗くらいの本屋さんと
1軒の古書店がありました。小学生の頃はお小遣いを握りしめ「りぼん」
の発売を待ち、中学になると漫画や参考書を探しに、高校生になると雑誌
の立ち読みや文庫本を買いに、毎日のようにふらふらと本屋さんに吸い寄
せられていました。
 時々、賑やかだった中通りや、あちこちの本屋さんのご主人の顔を懐か
しく思い出します。
 図書館の思い出といえば「うどん」です。旧図書館は二河にあり、3階
は食堂でした。夏の日のプール帰りの図書館のおうどんの美味しかったこ
と! これって、本の思い出じゃありませんね(笑)。そんなわけで、今日
も本屋に吸い寄せられる私です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こうやって県外の方々と知りあえて、「あっ!呉出身なんですね」と
言える楽しさ、縁を今回はとても感じました。

 これも「本好き」「古本市好き」だからこそです。

 これからも、この縁で、いろんな方々と出会っていきたいです。








[PR]
by kurebook | 2017-10-20 15:20 | 連載 | Comments(0)

呉市内で「一箱古本市」はじめ、ブックイベントを企画、実施しているくれブックストリートのブログ。ツイッター @kure_book


by kurebook