カテゴリ:イベント( 6 )


 今日は終戦記念日で、お盆真っ只中ですね。

 実行委員は8月中には完成予定の「一箱古本市リーフレット」を
鋭意制作中です。会場となる中通2丁目のMAPと箱主さんによる書
評つきの一枚です。
 完成次第、配布していきます。お楽しみに!

 ということで、10月1日(日)の前日は、前夜祭トークイベント
として、音楽ライターの森田恭子さんに呉まできていただきます。

 ここでもすでに音楽ライターとしての歴史はご紹介しましたが、
もっと詳しく最近つくられた著書や雑誌をご紹介していきます。

 最近つくられた単行本に、ミュージシャン山崎まさよしさんの
「このままこのまま山崎まさよし」<スペースシャワーブックス刊>が
あります。

 これは山崎さんのデビュー20周年を記念して制作された一冊です。
 森田さんは、山崎さんのデビュー10周年を記念して制作された
「このまま 山崎まさよし」にも編集、ライターとしてかかわり、
10年へて、また編集、ライターとしてご一緒にお仕事をされています。

 東京や尾道、場所や時間を変えて、素のまま語る山崎さんの言葉をモノロー
グで編集されています。表紙から尾道の風景が出てきますが、ちいさな尾道の
街中を気さくに散歩されているショットも満載です。
 最後のクレジットは「編集・文・写真 森田恭子」となっています。
ライター、編集者だけでなく、ここではカメラマンとしてもお仕事をされてい
ます。
 約180ページにもおよぶ書籍のほとんどをひとりで制作していくプロセス
にはどんな楽しみ、苦しみがあるのでしょうか。とても興味がわいてきます。

 また2004年に創刊された音楽カルチャー誌「LuckyRaccoon」(ラッキーラクーン)
では、登場するミュージシャンのすべての取材、執筆、編集をおひとりで行わ
れています。もちろん、スタートは企画するところからなので、アポ取り、取材
のセッテイングなどの諸々のこともすべておひとりでされています。
 そして、取材記事以外のコラムなども執筆され、約90ページの雑誌をつくられ、
販売されています。

 好きな音楽をテーマに書籍や雑誌などを長年、つくり続けてきた森田さん。
長い分だけいろんな時代があります。
 現在は広島県尾道市在住ですが、もともとは東京都出身、東京都在住でした。
場所が変わっても、なお「音楽で雑誌をつくりつづけている」森田さんに、
現在の制作風景。これからの制作風景などをおうかがいしたい、と思っています。

 音楽が好き、編集が好きな方!ぜひ、ご参加ください。




 
f0369202_15194019.jpg




f0369202_15200113.jpg




f0369202_11050938.jpg







 



[PR]
by kurebook | 2017-08-15 15:20 | イベント | Comments(0)

 くれブックストリートとしては動きもなく、しばらくこのブログも更新して
いませんでした。 
 が、春も近くなってきたので、更新しました。 くれブックストリートのイ
ベントとしては、いまのところ秋を予定しています。 
 が、「一箱古本市」によく参加してくれるメンバーが参加するイベントが、
3月26日(日曜日)にあります。 

 3月26日(日)に、「中通りこけら落とし」というイベントが中通りいった
いで開催されます。 
 れんがどおり全面をつかって行うわれるのは「あさまち」なのですが、中通り
2丁目界隈では、「本と雑貨 2丁目行進曲(マーチ)」<10〜15時>が開催さ
れます。 
 古本と雑貨の市です。 
 参加メンバーは、甘茶書店、オメガネ堂、木守社、よっちゃん元気堂、蓮や、
GEL、セカンドライフagain&again、こまもの屋torotoro 。 
 ぜひ、お時間のある方は足を運んでみてください。 






f0369202_12404540.jpg







[PR]
by kurebook | 2017-03-11 12:43 | イベント

 いよいよ来週の土曜日(10/1)に、高松市から古本屋「なタ書」の
店主藤井さんがやってきます〜。

 今日みたいな気持ちのいい秋日和だったらいいな〜。

 ということで、「前夜祭トーク」と「一箱古本市」の(準備のため)
締め切りは9月26日(月曜日)!とさせていただきます。
 まだ間に合いますよ〜。あと少し!急いでください〜。

 10月1日(土曜日)の、
「前夜祭トーク」<ディープな本屋のつくり方>
 古本屋「なタ書」店主・藤井佳之氏 会場:呉YWCA(呉市幸町3-1)。
 「なタ書」店内の写真はもちろん、藤井さんが選書で関わってこられた
軽井沢町の「カウントブックス」、高松市の「3rd TIME」、琴平町の「こ
んぴら書房」、女木島の図書館スペースなどの写真をプロジェクターで流し
てのトークになります。
 古本、古本屋好きのみなさん、ぜひ、お越しください。

 また10月2日(日曜日)の「一箱古本市」は会場が呉市中通2丁目界隈
です。目印は海軍さんの珈琲で有名な「昴珈琲店」さんです。ここを目指し
てお越しください。

 また出店者さんにお知らせです。
 
 当日は荷物が多いので、お車でこられる方もいらっしゃるか、と思います。
 呉市中通2丁目界隈の駐車場サイトはこちらです。 ーーー  ▪️ 
 ご参考ください。
 どうぞよろしくお願いいたします。





[PR]
by kurebook | 2016-09-24 10:45 | イベント | Comments(0)

 9月も中旬になり、実行委員の周辺もバタバタして
きました。ブログもどんどん盛りあげていきますよー。

 今日は10月1日(土)に前夜祭トークをしていただ
く、古本屋「なタ書」店主・藤井さんから当日に向け
てのコメントをいただきました。ここに掲載します。

 ぜひ、みなさん、前夜祭トークにお越しくださ〜い。


 またトークの翌日、
 10月2日(日)には、藤井さんにも「一箱古本市」会場で、
出張「なタ書」としてお店をひらいていただきます。
 そして、急きょ、もう1店舗、参加していただくことになり
ました!
 尾道市の久保に今年4月オープンした「古本屋弐拾db」(ふるほん
や にじゅうでしべる)さんです。
 こちらも店主が藤井さんで。ダブル藤井さんで出店していただきます。

 どちらの店舗でもなかなかお目にかかれない面白い本がたくさん
あるか、と思います。
 ぜひ、みなさん、足を運んでください。
 
 どうぞよろしくお願いいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 呉の皆さん!まずは広島カープの優勝、大変におめでとうございます。
と言うとこう思われる方もいるでしょう。「いやいや、私タイガースフ
ァンだし」「サッカー観てても野球に興味ないし」広島=カープ。広島
で暮らす以上、その看板を外すことは容易では無いのです。
 本屋も同じです。何故か巷では、本屋さん同士で本の文化を守ってい
こう! 儲からないけど街には本屋が必要だ!だから私は本屋をやりた
い!!って息巻く声が否が応でも聞こえてきます。本屋=儲からない。
という不可思議なる前提。何故にそんな共通項が出来上がってしまった
のでしょう? 私は呉で暮らすソフトバンクファン、使っているスマホ
はドコモ。といった存在かもしれません。本に対して特別に強い愛を持
っているわけではありませんし、本屋がこの世の中になくてはならない
存在だと毛頭思っておりません。それ故『ディープな本屋のつくり方』
と題して今回お話させて頂きます。 
 特異なこと、奇をてらったことをするのが「ディープ」なわけではな
いのです。それでは当日皆さんとソフトタッチにお会い出来ることを楽
しみにしております。

なタ書 店主
藤井 佳之


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



[PR]
by kurebook | 2016-09-15 23:11 | イベント | Comments(0)

 さあ、9月も10日!いよいよ10月ももうすぐですよー。

 ということで、何度も告知していますが、
10月1日(土曜日)は前夜祭トーク「ディープな本屋のつくり方」
(トークゲスト:古本屋「なタ書」店主、藤井佳之さん)、

10月2日(日曜日)は「第9回 一箱古本市」です。

 どちらもまだ参加できます。
 土曜日にトークを聴いて、古本屋さんネタを仕入れて、日曜日に
一日だけの古本屋さんになってみる。
 楽しそうな流れだと思いませんか。

 ということで、高松市在住の藤井さんも、ご自身のfacebookで、
トークのことにふれてくださっています。
 古本屋さんを営みながら、県外の本屋をプロデュースしたり、リ
トルプレスの営業もやったり。そして、今は小説も執筆されている
そうですよ。

 当日は、そんなマルチな40歳!藤井さんに店内の写真を流しな
がらお話ししていただきます。ざっくばらんな会にしたい、と考え
ています。
 ぜひ、こちらも参考にしてください。
 トークへのお申し込み、お待ちしていまーーす!


 
f0369202_11230906.jpg
f0369202_11234252.jpg





 

[PR]
by kurebook | 2016-09-11 00:05 | イベント | Comments(0)
 
 今年の夏は酷暑でしたね。明日から9月!
 ここ最近は少し涼しくなってきて、実行委員もやる気モード
全開になってきました!

 9月になったら、あっというまに10月1日、2日になって
しまいますよ〜〜。ということで、今は絶賛、「前夜祭トーク」
と「第9回 一箱古本市」の参加者さんを募集中です。

 呉の街中で、一日だけの本屋さんをしてませんか〜〜?

 その前夜には高松市の完全予約制の古書店の店主さんのお話
を聴いてみませんか〜〜?
 
 今日は前日、実行委員で打ち合わせと座談会を行いましたので、
その模様をアップします。

 現在、「くれブックストリート実行委員会」は3人の女子で
結成されています(黒星、松見、奥本)。
 
 ユルい座談会から、実行委員の思いや今年にかける意気込み!を
感じていただけたらうれしいです。よろしくお願いいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<黒星> ということで、今年も10月2日(日)に「一箱古本市」を
行います。参加の応募も多くいただいていますが、まだまだ「一箱古
本市って何?」という感じの方が多い気がするな〜。どうですか?
<奥本> ちょっとわかりにくいんですかね。実際、自分がやってみ
るまでわかりにくいのかも‥‥。
<黒星> 私たちが「一箱古本市」を始めたのが2011年4月。5年
間、呉市内でやってきたけどなかなか浸透していないんですかね。
<奥本> そんなことはないんじゃないですか。
<松見> 一回めを振り返ってみると‥‥。最初は蔵本通り沿いの中
央公園で行ったけど、天気のいい4月で、呉フォーク村の皆さんの演
奏や紙芝居もあって、出店しているほうも楽しかったよね。実行委員
としては、今考えるともっとチラシを配布してもっと宣伝すればよか
ったな、とか反省点はあるけど。
<奥本> 私は一回めは参加してなかったけど。地元タウン誌「くれ
えばん」にカラーで全出店者さんの写真が掲載されていて、とても楽
しそうだな〜と思いました。それで二回めから出店者として参加した
んです。
<黒星> それから9回め。今年で5年。去年くらいまでは春と秋に
やっていて、今年は本当に一年ぶりの開催。でも、最初の頃に参加さ
れていた方々と今の参加者さんは違うよね。広島市内の方も多く参加
してくれていたけど、そういう方々は今どうしてるんだろう。年齢層
を限定するわけじゃないけど、やはり30〜40歳代が中心なので、高
齢の方々とも一緒に楽しみたいよね。古本といえば高齢の方も好きだ
もんね。
<松見> 一回めにはご自分で絵を描かれる方が、ご自分の本をもっ
て、参加してくれたよね。
<黒星> 一回めのときには、子育てのママさんもお子さん連れで参
加してくれたしね。
<松見> 実行委員としては、「一箱古本市」当日に次回の案内がで
きて、参加者さんに参加、不参加を聞けるくらいにはなりたいよね。
今はムリだけど‥‥。ブックスひろしまはスタンプカードを発行して
た時期があった。スタンプがたまったら次回の参加費免除とか、そう
いうのもよかったよね。今の私たちにはムリだけど‥‥。
<黒星> 「不忍ブックストリートの一箱古本市」に助っ人さんがい
るように、私たちも一緒にチラシを配布してくれるというか、宣伝し
てくれるメンバーがほしいよね。そういうシステムもちゃんとしたい
な。
<奥本> まあ去年は18組の参加数で一番少なかったので、今年は
もっと頑張りましょう。
<黒星> 今振り返ると最初の年は頑張っていたね。座談会やったり、
広のギャラリーで「紙フェス」やったり、千葉県から放浪書房さんを
招いたりして、必死で「一箱古本市」を盛りあげていたよね。
<松見>まあ、まだ若かったしね(笑)。でも、今年も頑張りましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




[PR]
by kurebook | 2016-08-31 21:33 | イベント | Comments(0)

呉市内で「一箱古本市」はじめ、ブックイベントを企画、実施しているくれブックストリートのブログ


by kurebook