カテゴリ:未分類( 5 )


 10月1日(日)に呉市中通2丁目界隈で行った、10回めとなる
「一箱古本市」。今回は県外から出店してくださった方が多かった
ので、感想文をお願いしてみました。

 題して、連載「呉の一箱古本市に参加して」。

 その2は、<兵庫県>から出店してくださった、
屋号<さすらいのアリクイ書店>さんです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 僕は今回呉の一箱古本市に初参加しました。理由は思いつきという
か、気まぐれなものでした。
 お店を出してみて、当たりまえのことですがお店を出すのは大変だ
ということを実感しました。準備、車で移動、お店の用意、接客…。
古本市で自分が出したお店の前に本当のお店が並んでいる、という点
も緊張感があって、勉強になりました。
 普段本屋さんとかスーパーとかコンビニ、現実のリアル店舗を使って
いて、お店に商品が並んでいるということは当たり前、あまり意識せず
に暮らしていましたが、一箱古本市に参加してみて以降は本、商品をリ
アル店舗で売ることの大変さと面白さが少しだけ分かったような気がし
ます。
 一箱古本市の前日と当日の朝に呉市内、音戸の渡し船に乗ったり大和
ミュージアムの周囲を散歩したり、街なかを車で走ってみたのですが、
呉市は思っていたより柔らかい印象がある街だなと。最先端、けばけば
しい感じはせず、建物や観光スポット、そして街なかが目の中に入って
くるとき、実際に行って体験してみるといい感じに、しっくり来る感じ
がしました。
 あれこれ書いてしまいましたが、一箱古本市にも、呉市にもまた参加
したり、行きたいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



f0369202_20545881.jpg




































[PR]
by kurebook | 2017-10-12 20:55 | Comments(0)

 昨日の「前夜祭トーク」に続き、本日10月2日(日)の「第9回
一箱古本市」、無事終了しました。

 ご参加いただいたみなさん、昨日のトークを含め高松市からきてい
ただいた「なタ書」の藤井さん、尾道市の「古本屋弐拾db」の藤井さ
ん、ありがとうございました!

 また会場、中通2丁目界隈に足を運んでくださったみなさん、あり
がとうございました。

 このところ雨続きで、天気予報もくもりマークだったので、お天気
はとても心配しましたが、当日は晴天で!日差しが強すぎるほどでし
た。

 とにもかくにも開催でき、無事事故もなく終わることができたこと
をご協力いただいたみなさんに感謝します。

 今回は初めてや遠方からご参加いただいた方が多かったことを考え
る、と地元・呉市の方からのご参加は少なかったのかな、と思ってい
ます。
 
 しかし、「なタ書」さんや「弐拾db」さん、実店舗をお持ちの方に
出張販売していただいたり、実店舗を始めたばかりの「甘茶書店」さん
や東広島市の「antique&古えほん より友」さん、これから実店舗を
オープンされる廿日市市の「ホリディ書店」さんなどの参加は、これま
でにない動きでした。

 次回に向けていろいろと反省して、策をねっていきたい、と思います。

 ありがとうございました!


    ▼前夜祭トーク 『ディープな本屋のつくり方』、高松市の古書店「なタ書」
      店主・藤井さん。



f0369202_22053979.jpg

 

  ▼ 「第9回 一箱古本市」


 
f0369202_22040100.jpg
f0369202_22043295.jpg

f0369202_22140916.jpg


f0369202_22064556.jpg


f0369202_22090354.jpg

f0369202_22080875.jpg

f0369202_22083195.jpg

f0369202_22101242.jpg



 








[PR]
by kurebook | 2016-10-02 22:14 | Comments(0)

さあ、明日です!

 明日から10月!
 10月の1日は高松の完全予約制の古本屋「なタ書」店主藤井さん
のトークでスタートします。

 高松の中心地の飲屋街で、10年間続けてきた古本屋「なタ書」。
その秘訣は? 始めるきっかけは‥? 選書のポリシーは‥?
 
 古本好き、古本屋好きには気になる話がポンポン飛び出てくること
と思います。

 会場は広いので、当日、フラリと足を運んでいただいても大丈夫です。

 どうぞよろしくお願いいたします。


f0369202_11230906.jpg


f0369202_11234252.jpg


<ゲスト>
 藤井 佳之(ふじい・よしゆき)さん
 (40歳)
 高松の完全予約制の古本屋「なタ書」店主

 

 横浜で大学生活、出版社勤務をへて、2006年に地元

高松に戻る。2006年、完全予約制の古本屋「なタ書」を

オープン。今年で10年を迎える。

 現在は高松市内の「3rd TIME」、軽井沢町の本と喫茶

雑貨と古道具「カウントブックス」の選書も担当。


 (*写真は瀬戸内国際芸術祭でのワンカットです)


[PR]
by kurebook | 2016-09-30 19:58 | Comments(0)

 10月2日(日曜日)の「第9回 一箱古本市」が迫ってきました。

 「一箱」の参加者さん、第一弾はすでに発表しましたが、
 追加で第二弾を発表します。

 今回は5組の方々です。

 これで本日(9月24日)までに申し込みいただいている、
 出店者さんは21組です。

 準備のために締め切りを9月26日(月曜日)とさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いいたしま〜す。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 続き、第二弾。

<17>
▪️ 屋号「吉備川辺亭」
▪️ お店の特徴、PRなど
「ジャルは漫画。いつも喧しい壊れたラジオ系店主の吉備川辺
です。昨年は前日浜田市での一箱古本市からの連戦の疲れでお
となしかったですが今年はどうでしょうか? 確かめにご来店
いただけたら幸いです」

*昨年に引き続き参加してくださいます。本屋、本スポットめ
ぐりが趣味の店主さん、楽しいお話が聞けるかも‥‥。

<18>
▪️ 屋号「よっちゃん元気堂」
▪️ お店の特徴、PRなど
「ビジネス書、旅本、文庫本。仕事の合間に調達した本をいろ
いろ並べます。お安くしておきますよ〜」

*常連さんです。いつも多くの本が並んでいますよー。


<19>
▪️ 屋号「antique&古絵ほん より友
▪️ お店の特徴、PRなど
雑貨に囲まれ‥畳でほっこり‥古絵ほんで まったり。そんな
お店を運営しています。子どもが口に入れても安心・安全な天然
成100%のオーガニックのクリーナーでクリーニングされたピカ
ピカの古絵ほんを並べます」


*東広島市の「antique&古絵ほん より友」さんが初めて参加
くださいます。


<20>
▪️ 屋号「河童親子堂」
▪️ お店の特徴、PRなど
「古本・CD・DVD・マンガ・レコード。いろいろあります。
店主おすすめを取りそろえて見参!」

*初めて参加いただきます。いろんなものがありそうですね。


<21>
▪️ 屋号「いもくり本屋」
▪️ お店の特徴、PRなど
「小学生の子どもをもつ母ふたりです。小さな本屋になりた
いふたりです。料理やお菓子作り、手芸等の趣味本のほかに、
児童書、漫画、小説など少しずつ用意しています。小さなあ
みぐるみも何点か‥‥(製作中)。よろしくお願いします」


*初めて参加いただきます。料理や手芸本、「いもくり」‥
おいしそうな〜一箱ですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 ⚫️ 会場となる、呉市中通2丁目界隈と、そのまわりの簡単なマップです。
   みなさん、参考にしてください。

  


f0369202_22060745.jpg





[PR]
by kurebook | 2016-09-24 21:11 | Comments(0)

 今週はシルバーウィークなんですね。とびとびの祝日なので、
あまりお休み感覚はないのですが。それでも9月も下旬。

 「第9回一箱古本市」があと10日くらいに迫ってきました。

 現在、申し込みをいただいている店主の方には「店主マニュアル」
をメールでお送りしました。ご確認ください。

 中通2丁目界隈には屋根があるので、雨天決行にしています。
万が一、雨の中での出店となった場合には雨具の用意もお願いいた
します。


 会場には余裕がありますので、9月26日(月曜日)までは出店者
さんを受け付けします。どうぞよろしくお願いいたします。


 呉市中通2丁目商店街の会場のマップです。
 呉駅からは徒歩15分くらいの場所です。海軍さんの珈琲で有名な
昴珈琲店さん(呉市中通2丁目5−3)が目印です。

 みなさんのお越しをお待ちしています。



f0369202_22060745.jpg

[PR]
by kurebook | 2016-09-21 22:06 | Comments(0)

呉市内で「一箱古本市」はじめ、ブックイベントを企画、実施しているくれブックストリートのブログ。ツイッター @kure_book


by kurebook