はやいものです。
 今年も6月。半分すぎました。

 ということで、今年秋の「一箱古本市」について
少しずつ動いています。

 秋に、第10回目となる「一箱古本市」と前夜祭トークを
企画し、準備を進めています。

 もうじき発表できれば、と思っています。

 どうぞよろしくお願いいたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  【昨年の「一箱古本市」のようす】


f0369202_14160412.jpg



f0369202_14164835.jpg







[PR]
# by kurebook | 2017-06-15 14:17 | 一箱古本市

 くれブックストリートとしては動きもなく、しばらくこのブログも更新して
いませんでした。 
 が、春も近くなってきたので、更新しました。 くれブックストリートのイ
ベントとしては、いまのところ秋を予定しています。 
 が、「一箱古本市」によく参加してくれるメンバーが参加するイベントが、
3月26日(日曜日)にあります。 

 3月26日(日)に、「中通りこけら落とし」というイベントが中通りいった
いで開催されます。 
 れんがどおり全面をつかって行うわれるのは「あさまち」なのですが、中通り
2丁目界隈では、「本と雑貨 2丁目行進曲(マーチ)」<10〜15時>が開催さ
れます。 
 古本と雑貨の市です。 
 参加メンバーは、甘茶書店、オメガネ堂、木守社、よっちゃん元気堂、蓮や、
GEL、セカンドライフagain&again、こまもの屋torotoro 。 
 ぜひ、お時間のある方は足を運んでみてください。 






f0369202_12404540.jpg







[PR]
# by kurebook | 2017-03-11 12:43 | イベント

 2017年になりました。

 昨年も秋に無事、中通り2丁目商店街界隈で、「一箱古本市」が開催
できほっとして、年を越すことができました。

 現在、中通りは2丁目も、れんがどおりも大改修していて、今年また
秋に開催することができれば、少しおもむきも変わることと思います。


 私たち実行委員会は女性3名ですが、呉の「一箱古本市」に関わって
くれている「一箱」好きの方々は何人かいて、年末には忘年会も行いま
した。

 今年もそんな方々と楽しくブックイベントを企画、実施していきたい、と
思っています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 
f0369202_20541566.jpg



 






[PR]
# by kurebook | 2017-01-03 21:02 | お知らせ | Comments(0)

 昨日の「前夜祭トーク」に続き、本日10月2日(日)の「第9回
一箱古本市」、無事終了しました。

 ご参加いただいたみなさん、昨日のトークを含め高松市からきてい
ただいた「なタ書」の藤井さん、尾道市の「古本屋弐拾db」の藤井さ
ん、ありがとうございました!

 また会場、中通2丁目界隈に足を運んでくださったみなさん、あり
がとうございました。

 このところ雨続きで、天気予報もくもりマークだったので、お天気
はとても心配しましたが、当日は晴天で!日差しが強すぎるほどでし
た。

 とにもかくにも開催でき、無事事故もなく終わることができたこと
をご協力いただいたみなさんに感謝します。

 今回は初めてや遠方からご参加いただいた方が多かったことを考え
る、と地元・呉市の方からのご参加は少なかったのかな、と思ってい
ます。
 
 しかし、「なタ書」さんや「弐拾db」さん、実店舗をお持ちの方に
出張販売していただいたり、実店舗を始めたばかりの「甘茶書店」さん
や東広島市の「antique&古えほん より友」さん、これから実店舗を
オープンされる廿日市市の「ホリディ書店」さんなどの参加は、これま
でにない動きでした。

 次回に向けていろいろと反省して、策をねっていきたい、と思います。

 ありがとうございました!


    ▼前夜祭トーク 『ディープな本屋のつくり方』、高松市の古書店「なタ書」
      店主・藤井さん。



f0369202_22053979.jpg

 

  ▼ 「第9回 一箱古本市」


 
f0369202_22040100.jpg
f0369202_22043295.jpg

f0369202_22140916.jpg


f0369202_22064556.jpg


f0369202_22090354.jpg

f0369202_22080875.jpg

f0369202_22083195.jpg

f0369202_22101242.jpg



 








[PR]
# by kurebook | 2016-10-02 22:14 | Comments(0)

さあ、明日です!

 明日から10月!
 10月の1日は高松の完全予約制の古本屋「なタ書」店主藤井さん
のトークでスタートします。

 高松の中心地の飲屋街で、10年間続けてきた古本屋「なタ書」。
その秘訣は? 始めるきっかけは‥? 選書のポリシーは‥?
 
 古本好き、古本屋好きには気になる話がポンポン飛び出てくること
と思います。

 会場は広いので、当日、フラリと足を運んでいただいても大丈夫です。

 どうぞよろしくお願いいたします。


f0369202_11230906.jpg


f0369202_11234252.jpg


<ゲスト>
 藤井 佳之(ふじい・よしゆき)さん
 (40歳)
 高松の完全予約制の古本屋「なタ書」店主

 

 横浜で大学生活、出版社勤務をへて、2006年に地元

高松に戻る。2006年、完全予約制の古本屋「なタ書」を

オープン。今年で10年を迎える。

 現在は高松市内の「3rd TIME」、軽井沢町の本と喫茶

雑貨と古道具「カウントブックス」の選書も担当。


 (*写真は瀬戸内国際芸術祭でのワンカットです)


[PR]
# by kurebook | 2016-09-30 19:58 | Comments(0)

呉市内で「一箱古本市」はじめ、ブックイベントを企画、実施しているくれブックストリートのブログ


by kurebook