あと2週間となりました!「第9回一箱古本市」


 もう2週間後に迫ってきました。
 2週間後の土曜日には「なタ書」店主・藤井さんのトークをしています。

 しかし、「一箱」も「前夜祭トーク」もまだ参加者さん、募集しています。
 当日ご都合がつく方、ぜひ、ご参加ください。みなさんと一緒に「古本市」
を楽しみましょう〜。


 ということで、10月2日(日曜日)の「第9回 一箱古本市」に出店され
る方々を少しずつ紹介していきます。
 常連の方も、今年初めて参加される方もいらっしゃいます。
 また遠方からも参加してくださる方もいて、恐縮です!


 それでは、順序不同でご紹介していきます。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<1>
▪️ 屋号「Sakkaya LIFE」
▪️ お店の特徴、PRなど
「昨年に引き続き2回目の参加です。雑貨屋店主の本棚から古本は
もちろん、紙モノの雑貨も持って行こうと思います。
 ぜひお立ち寄りください」

*昨年に引き続き、呉市内の雑貨店「Sakkaya LIFE」さんが参加
してくれます。

<2>
▪️ 屋号「ひつじ書房」
▪️ お店の特徴、PRなど
「小説メインで雑多に売ります。間に合えば豆本も出します」

*初参加の方です。尾道市からやってきてくれます。


<3>
▪️ 屋号「たんぽぽ堂」
▪️ お店の特徴、PRなど
「文庫(小説、詩集)、小説、コミックエッセイ、コミック、雑誌、
インテリア&ハンドメイド系の本など。
 そのほか、ハンドメイドのアクセサリー、しおりなどの雑貨類も
販売。文庫は、大特価の50円から。ハンドメイドのアクセサリー、
しおりも100円から。ぜひ、掘り出し物をお探しにお越しください☆」

*呉市内の常連さんです。ハンドメイドの雑貨も多いみたいです。


<4>
▪️ 屋号「ちいさな絵本屋」
▪️ お店の特徴、PRなど
「兵庫と鳥取で活動しており、今回初遠征でドキドキしています。
『おねいちゃんの本棚』というテーマで、ロングセラー絵本や小説、
エッセイ等を持っていきます。中身は買ってからのお楽しみの
「闇鍋文庫」も並べますので、ぜひのぞいてください」

*遠方より参加いただきます。絵本と闇鍋文庫、気になりますね。


<5>
▪️ 屋号「銀鈴堂(ぎんれいどう)」
▪️ お店の特徴、PRなど
「特徴は、司馬遼太郎を中心とした文庫本。北方謙三の作品が主に
なります。そのほかドキュメンタリーやノンフィクションが中心に
なります」


*屋号からして渋いにおいがします。銀鈴堂さんのブログは
 こちら ーー ▪️  


<6>
▪️ 屋号「まつむし書架」
▪️ お店の特徴、PRなど
「村上春樹が複数冊ありますが、あとはジャンルがバラバラです」

*初参加の方です。江田島市からやってきてくれます。


<7>
▪️ 屋号「つきのひみつきち」
▪️ お店の特徴、PRなど
「音楽や小説、アジアの歴史や社会などに関する本、レアなCD、手
編みのニット作品(マフラーとかニットキャップとかカジュアル目出
し帽とか)などを販売します」

*昨年に引き続き、二度めの参加です。


<8>
▪️ 屋号「まちの牛乳やさん」
▪️ お店の特徴、PRなど
「楽しい事を売るのが好きな牛乳屋です」

*初参加の方です。楽しい本がたくさん並びそうですね。



<9>
▪️ 屋号「toro*toro&GEL」
▪️ お店の特徴、PRなど
「雑貨にかかわる本や雑誌を中心に持って行く予定です。雑貨も
少し販売します」

*1回めから参加いただいている常連さん。呉市内にある、
「こまもの屋toro*toro」さんのチームです。


<10>
▪️ 屋号「オメガネ堂」
▪️ お店の特徴、PRなど
「『なんかどこにでもいるよね』でお馴染み、呉ブックの末端
古本屋です。今回もジャンルのふり幅が広いです。
むやみに売りつけないので、京都についてでもアニメ事情でも
広島の古着についてでも、お気軽にお話しに寄ってください」


*今回、ブログにもコラムを書いていただいたオメガネ堂さんです。
幅広いジャンルのお話ができる、楽しい店主さんですね。


<11>
▪️ 屋号「moshi2came3(もしもしかめさん)」
▪️ お店の特徴、PRなど
「カメとネコの飼育本や写真本を中心にいろいろ。あみぐるみのハンド
メイド雑貨ももっていきます」

*いつもあみぐるみがかわいい〜、もしかめさんです。カメとネコ好き
の方は要チェック!


<12>
▪️ 屋号「津田屋」
▪️ お店の特徴、PRなど
 「音楽・映画・漫画・演劇・美術などの本を用意します」

*芸名津田マイクさんのお店ですよー!


<13>
▪️ 屋号「風のうさぎ」
▪️ お店の特徴、PRなど
 「世界を旅するうさぎ。絵本を旅する風のうさぎ。今回はビジュアル
本や雑誌を中心に、雑貨も並べようと思っています!」


*昨年に引き続き参加いただきます。


<14>
▪️ 屋号「木守社」
▪️ お店の特徴、PRなど
「雑多です! 素敵な古本並べます!」


*常連さんです。これまでは屋号は「木守書房」でしたが、今回
からは「木守社」に変更しています。お間違いなく!


<15>
▪️ 屋号「甘茶書店」
▪️ お店の特徴、PRなど
「なんと今年4月に実店舗をオープンした「甘茶書店」です。当日
はいつものように小説、エッセイ、ZINE、絵本を並べます」



<16>
▪️ 屋号「蓮や」
▪️ お店の特徴、PRなど
「大好きな花、蓮の名前を屋号に、一箱古本市に参加しています。
お店に並べるのはゆるーい古本ばかりです。どうぞお気軽にお手に
とってくださいね。古本でちょっとした現実逃避のお手伝いができ
れば嬉しいです」


*「甘茶書店」と「蓮や」は実行委員の箱です。実行委員として
バタバタしながら、でもしっかり古本も販売します!


             (2016年9月18日現在)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 ということで、本日、一回めに紹介したのは16組です。
 また次回、追って紹介していきます。

 そして、この「一箱古本市」チームと同じ会場で、

 前夜祭トークをしてくださる、藤井さんの「出張なタ書」と、
尾道市の「古本屋 弐拾db」の「出張古本屋 弐拾db」の
2店舗もあります。

 ちいさな古本屋さんがたくさん集います。
 ぜひ、みなさん、遊びにお越しください。


ーーー 昨年の写真です。会場は同じ、中通2丁目界隈ですので、
参考にしてください。 ーーーーー





f0369202_00543127.jpg
f0369202_00550052.jpg
f0369202_00534180.jpg
f0369202_00560442.jpg

 










 


















[PR]
by kurebook | 2016-09-18 00:58 | 一箱古本市 | Comments(0)

呉市内で「一箱古本市」はじめ、ブックイベントを企画、実施しているくれブックストリートのブログ。ツイッター @kure_book


by kurebook